初級者問題 詰将棋

初級問題 全5問

まずは初心者の方に解いていただきたい詰将棋を用意しました。

 

全部で5問あります。すべて一手詰め問題です。
一手でも思ったより難しいこともありますので油断せずに解いてみてください。

 

答えは各詰将棋の下においてあります。問題と答えの間はなるべく多く開けてあります。うっかり一気に下までいかないように気を付けてください。

 

1問目
1問目の答え

 

2問目
2問目の答え
・・・

 

という風にならんでおりますのでお気を付けください。

 

 


 

 

 

詰将棋【一手詰め問題 その1】

 

詰将棋

 

まずは一番シンプルな問題を用意しました。
玉を詰めるということにおいて基本中の基本ともいえる問題です。

 

 

 

 

 

 

詰将棋将棋の格言

 

金なし将棋に受け手なし(きんなししょうぎにうけてなし)

 

守りに金は欠かせない存在であり、相手の攻めを受けるときには大きな力を発揮する。金がなければ受けにくいということ。

 

 

詰将棋以下答えに進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一手詰め問題 その1 解答】

 

詰将棋5二金

 

解説
いわゆる頭金というやつですね。これが将棋で相手の玉を詰める基本となります。簡単に解けましたか?次からは少しずつ難しくなります。

 


 

 

 

詰将棋【一手詰め問題 その2】

 

詰将棋

 

今度はさっきと少し違います。金が守りにいるようです。しかし・・・

 

 

 

 

 

 

詰将棋将棋の格言

 

銀は不成に好手あり(ぎんはならずにこうしゅあり)

 

敵陣の三段目まで進むことができれば銀は成銀になることができる。ただし、金と比べて銀は斜め後ろに進めるのが特徴であり、あえて不成のままのほうが効果的な局面もあるということ。

 

 

詰将棋以下答えに進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一手詰め問題 その2 解答】

 

詰将棋6二銀

 

解説
5二や4二だと相手の金に取られてしまいますよね。ですのでここは6二から銀を打ちましょう。
一問目だと4一に玉が逃げられてしまいますが今回の問題は金がいますので逃げることはできません。

 


 

 

 

 

詰将棋【一手詰め問題 その3】

 

詰将棋

 

今回は持ち駒が金や銀ではありません。どうすればよいのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

詰将棋将棋の格言

 

金はとどめに残せ(きんはとどめにのこせ)

 

玉を詰ませるときにはいろんな持ち駒を使って王手をするが、一番最後に金を打って詰ませられるように金は最後まで残しておくとよいということ。

 

詰将棋以下答えに進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一手詰め問題 その3 解答】

 

詰将棋6三桂馬

 

解説
遠くから打てる桂馬はこんな詰ませかたもできますね。桂馬は思わぬところで力を発揮するため、うっかり見落としてしまうこともあります。すこしややこしい桂馬の利きですが、うまく使いこなしましょう。

 


 

 

 

 

詰将棋【一手詰め問題 その4】

 

詰将棋

 

今度は玉が下段ではなく浮いています。上からと下からとどちらからも王手ができますがどちらが正解なのでしょうか?

 

 

 

 

 

詰将棋将棋の格言

 

金は斜めに誘え(きんはななめにさそえ)

 

相手の玉を守っている金が斜めに進むように誘導すると、金は斜め下には戻れないため守りがもろくなるということ。

 

詰将棋以下答えに進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一手詰め問題 その4 解答】

 

詰将棋4一金

 

解説
正解は下から金でしたね。どちらも金と銀が守っていて強そうに見えますが、案外全く駒が利いていない場所もあるものです。
このように上からと下からで玉を寄せに行くと詰ませやすくなります。上に味方の金がいないのに下から金を打って王手をしてしまっては、王手は追う手という将棋の格言になってしまいます。

 


 

 

 

 

詰将棋【一手詰め問題 その5】

 

詰将棋

 

持ち駒はありませんが・・・本当に詰むのでしょうか。

 

 

 

 

詰将棋将棋の格言

 

桂頭の玉寄せにくし(けいとうのぎょくよせにくし)

 

こちらの桂馬の正面に相手の玉が来てしまうと、案外詰ませにくくなってしまうということ。

 

 

詰将棋以下答えに進みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詰将棋

 

【一手詰め問題 その5 解答】

 

詰将棋6三桂馬(4三桂馬)

 

 

解説
桂馬を跳ねるのが正解です。取られてしまうんじゃないの?と思うかもしれませんが、これが両王手というやつです。
香車と桂馬がいっぺんに王手をかけています。ですので桂馬をとると香車で取られてしまいますし、香車に合い駒をすると桂馬で玉を取られてしまいます。

 


 

 

 

 

何問解けましたか?まだまだ解けそうだったら中級者問題へ進んでみましょう!

スポンサードリンク

関連ページ

ルールを覚えよう
詰将棋は玉を指定された手数で詰めるというシンプルな問題です。詰将棋のルールを確認してから挑戦してみてください。棋力に応じて難度が幅広くあります。
中級者問題
中級者向けに詰将棋を作りました。ここでは三手詰めの問題を中心に用意しています。一手と比べるとどうしても難しくなりますが、頑張って解いてみましょう。
上級者問題
最後に上級者向けに詰将棋を用意しました。手数も五手から十一手とかなり難しい問題も作っています。ぜひトライしてみてください。