将棋定跡|相掛かり-戦法

相掛かりの指し方

ポイント相掛かり(あいがかり)

 

相居飛車の戦法のひとつです。
互いに角道を開けずに飛車先の歩を伸ばしていきます。歩の交換をした後の飛車の引き場所などさまざまに定跡が枝分かれしています。

Flash Player 9が必要です

ポイントかなり激しい将棋になることも少なくなく、短手数で将棋が終わってしまうこともあります。
序盤の研究がそのまま勝ち負けに大きく影響を及ぼします。

 


 

ポイント将棋の思い出特集 将棋は難しそうでしたが・・・ A・S 男性40代

 

最近、プロ棋士とコンピューターの対戦で何かと世間の注目を浴びる機会のある将棋ですが、私がこのゲームを始めておこなったのは小学生の頃でした。実は、その当時の実家にはオセロ盤と将棋盤、ただし駒に描かれているのが歩や金等と言った感じではなく、棒線で駒の動かし方を表したもの、がおいてありました。

 

なので、これを使って兄と指したのが初めての将棋体験です。最初は駒の並べ方を説明書を見ながらその通りにやる事から始め、後は駒の動かし方は駒その物に書いてある事から適当にやっていったのを覚えています。

 

最も、兄弟そろって将棋は初心者中の初心者だったので駒の動かし方も出鱈目そのもので、例えば兄弟そろって歩に相当する駒を全て1コマずつ動かしたり、あるいはそうかと思えば今度は香車や飛車を敵陣めがけて突っ込ませて行ったりと言った物でした。当然、簡単に相手に返り討ちにされたりするのですが、自分の駒の動かし方の出鱈目さを棚に上げて盛んに悔しがっていましたっけ。

 

今となっては良い思い出ですが、当時の私たち兄弟にとっては兄弟げんかの原因にもなったりしており、母が喧嘩するなら将棋なんてさせない等、言い始める事もありました。最近は共に仕事が忙しいと言う事情もあり、兄弟で指すなんて機会は全くありませんが、今度機会を見つけて久しぶりに指して見たい物です。

 

将棋符号将棋の格言

 

要の金を狙え(かなめのきんをねらえ)

 

玉を詰ませに行く時は玉を守っている金を狙うことからはじめるべきということ。

スポンサードリンク

関連ページ

棒銀
初心者の将棋教室です。棒銀は将棋をはじめるときに一番始めに教わる戦法です。初心者の将棋教室では、最初に教わるというくらい大切な棒銀をまとめました。
相矢倉
初心者の将棋教室です。相矢倉という戦法の将棋の歴史は古く、現代でもプロ棋士の間でも多く登場する戦法です。居飛車を指す方はぜひ覚えておきたいものです。