将棋囲い|振り飛車穴熊

振り飛車穴熊の囲い方

ポイント穴熊(あなぐま)
居飛車でも振り飛車でも使われる囲いです。居飛車の場合は左右対称になります。初心者の方でも覚えやすく、終盤は攻めるだけになることもあります。守りの将棋に使うように思うかもしれませんが、実は終盤で攻めまくるための囲いだったりします。

振り飛車穴熊の囲い方

Flash Player 9が必要です

ポイント長所

 

終盤では王手すらかけることを許されない囲いです。攻めから非常に遠いため、終盤では大きなリードとなります。
また穴熊を攻める際には駒の交換を行うため、駒を渡しにくい局面では簡単に手をつけることができません。

 

ポイント短所

 

手数が多くかかってしまいます。そのため完成したころにはすでにどこかで仕掛けられていて受からなくなっていることもあります。
金銀をはがされてしまうと、玉は端っこにいるため簡単には逃げられません。

 


 

ポイント将棋の思い出特集父方の祖父との将棋 Y・S 男性20代

 

将棋の一番の思い出は、父方の祖父との思い出です。私は小さいころから父方の祖父のことが苦手でした。母方の祖父はとても優しく、一緒に遊びに行ってくれるだけでなく、どういう心構えで生きるべきかなどを教えてくれました。私が浪人し、受験勉強を頑張っていた時に励ましてくれたのも、母方の祖父でした。

 

しかし、父方の祖父はすぐに怒りやすく、なにか機嫌が悪いと当り散らすような人でした。私の小さい頃の記憶の父方の祖父はいつも一升瓶を抱えている印象しかありませんでした。

 

そんなあまり仲の良くない、父方の祖父との唯一の思い出が「将棋」です。父方の祖父は将棋は素人でした。そんな私も素人でしたが、私は詰将棋が好きで、良く詰将棋の本を読んでいたのを、祖父が見ていたようで、それで将棋を買ってきました。

 

将棋を買ってきたころから、祖父の体調が悪くなり、結局祖父と将棋を指した回数は20回もありません。しかし、たった20回だけでしたが、将棋を指しているときに、私に対する愛情を感じることができました。お互い弱く、なかなか進まない将棋でしたが、そんなつたない、ほのぼのとした時間が私にとっては数少ない祖父との思い出です。

 

兄弟の中には、今でも祖父のことを好きではない人もいるみたいですが、私は祖父と将棋をさせて本当によかったと思います。もうなくなってしまいましたが、祖父には将棋の相手をしてくれてありがとうと言いたいです。

 

将棋符号将棋の格言

 

王は下段に落とせ(おうはげだんにおとせ)

 

終盤で相手の玉を詰ませたいときに玉を一番下の段に追いやって詰めに行くほうが良いということ。

スポンサードリンク

関連ページ

美濃囲い
初心者の将棋教室です。美濃囲いは振り飛車の将棋で非常に多く採用されています。囲い方も非常に簡単で覚えやすいです。初心者の方にも理解してもらるように動く将棋盤で解説しています。
高美濃
初心者の将棋教室です。高美濃も振り飛車党が使う囲いです。美濃から発展することが多く、相手の出方をうかがいながら組みあげます。手順をまとめました。
銀冠
初心者の将棋教室です。銀冠は非常に終盤で力を発揮してくれる囲いです。初心者の方には使いこなすのがやや難しいかもしれませんが、囲い方をぜひ覚えておいてほしいです。
金無双
初心者の将棋教室です。無双は振り飛車を指すときに多く使われる囲いです。長所と短所がわかりやすいですが、囲い方を覚えて状況に応じてうまく使いましょう。