待ったはやめよう|初心者の将棋教室

待ったはしないようがよい

対局をしていたら、指した後に「しまった!」と思うことがあると思います。
これは初心者の方に限らず有段者の方にもあることだと思います。

 

 

ただこのときに、「やっぱり待って!やりなおし」というのはいけません。
対局中ですから、やり直しをしていては勝負になりません。
待ったをして勝ったとしても、ちゃんとした実力ではないのであまりうれしくないと思います。

 

 

それと同じくらい大事な理由もあります。
待ったをしているうちはなかなか強くなりません。なぜなら特に考えずに指して、それからその手をみて考えているからです。
指す前に指した後の局面を想像するのと、指してからそれを見て考えるのとでは読む力が全く違います。
将棋は読む力をいかに身につけるかが大切です。

 

待ったをせずに負けることは強くなるためにはとても大切なことです。。負けると失敗した手というのは印象に残るものです。
自分の失敗を簡単にやりなおしていてはなかなか強くなることはできません。

スポンサードリンク

関連ページ

挨拶をしよう
初心者の将棋教室です。将棋は始まりも終わりも挨拶をします。日本の文化ですね。とても大切なマナーです。対局前も後もいろんな感情があると思いますが、きちんと挨拶をしましょう。
きれいに並べよう
初心者の将棋教室です。将棋の駒は升目にそってきちんときれいに方向をそろえて並べましょう。マスにおさまっていれば反則ではありませんが大切なマナーです。
助言はやめよう
初心者の将棋教室です。将棋を指さずに観戦していると、ついつい助言やアドバイスをしたくなることがあると思います。たでも決して助言をしてはいけません。