挨拶をしよう|初心者の将棋教室

将棋は日本の文化

基本的なルール確認で、先手や後手は振り駒で決めるといいましたよね。
振り駒が終わればいよいよ対局です。

 

将棋は対局前と対局後には必ず挨拶をします。
大会でもそうですし、プロ棋士ももちろん挨拶をします。

 

 

友達同士であっても、

 

対局前には「おねがいします。」
対局後には「ありがとうございました。」

 

と言いましょう。

 

 

また詰んでしまい、投了するときには「まけました。」と投了の意思を伝えましょう。
悔しいからといっていきなり席を立ったり、駒をぐちゃぐちゃに混ぜたりしてはいけません。

 

 

将棋は日本の文化であり、礼儀はとても大切です。
気持ちよく将棋を指しましょう!

スポンサードリンク

関連ページ

待ったはやめよう
初心者の将棋教室です。将棋で待ったはやめましょう。指してから気づくことはたくさんあると思います。待ったをしないことは強くなる秘訣でもあるのです。
きれいに並べよう
初心者の将棋教室です。将棋の駒は升目にそってきちんときれいに方向をそろえて並べましょう。マスにおさまっていれば反則ではありませんが大切なマナーです。
助言はやめよう
初心者の将棋教室です。将棋を指さずに観戦していると、ついつい助言やアドバイスをしたくなることがあると思います。たでも決して助言をしてはいけません。