将棋のコツ 強くなるには|初心者の将棋教室

最強の将棋ソフトをランキング比較

将棋ソフトは近年急激に研究が進み、その結果私たちにとってはこの上ない検討に最適な環境が整いましたね。

 

ポイントここではオススメ将棋ソフト2018年版を比較したランキング形式で紹介しています。

 

主に棋力、使いやすさ、機能の充実、検討機能に着目してランキングにしました。
一応順位こそつけてはいますが、どれも使いやすいものを選んでいます。
中でも激指は検討がわかりやすく正確なので私は気に入っています。

 

ソフトに頼り切らず自分で考えることはとても大切なことですが、序盤の研究や1人で検討してもなぜ負けにしてしまったのかわからないときなどに非常に役に立ってくれると思います。
一家に一台とは言いませんが、ある程度将棋が好きな方なら持っていてもよいかもしれませんね。

 

 

 

 

ポイント 将棋レボリューション 激指14

 

最新価格をチェック!

世界コンピュータ将棋選手権大会で4回の優勝実績を誇るまさ最強ソフト。

 

インターネットサイト将棋倶楽部でのレーティング換算は3400とのうわさもある衝撃の強さ。今回は14番目の作品となるが、これまでに毎回改良を繰り返しついに完成したソフトだ。

 

レビュー報告によると、同ソフト激指12との対局で8勝2敗と大きく勝ち越し。また、ボナンザ6には9勝1敗とこちらも完勝。さらになんとあの絶版ソフトポナンザにも7勝3敗の成績を収めたということ。

 

棋力は七段+までだったのがpro、pro+が登場。棋譜の検討などにはもっとも信頼のできるソフトと言える。

 

 

 

 

ポイント AI将棋 Version 19 Win10対応版

 

最新価格をチェック!

まず最高棋力は五段と実力もあるが、初心者の方にも指しやすいように「接待員」のレベル設定が用意されている。実にユニークな名前だ。

 

全体的な使いやすさや見やすさはさすがAI将棋。棋譜解析などの使い勝手が非常に良いため、自分の将棋の検討にAI将棋を使っている人が多い。

 

また定跡も多数収録されており、定跡一覧からいつでも学ぶことができる。またAI将棋と対局をしたら最善手や悪手を指摘してくれるため、棋力向上につながりやすい。

 

 

 

 

 

 

ポイント BONANZA THE FINAL 優勝記念版

 

最新価格をチェック!

知名度抜群のボナンザ・ザ・ファイナル。世界将棋コンピュータ選手権大会に2006年に出場しいきなり優勝を果たす。

 

当時ボナンザには他の将棋ソフトに使われていない独自のアルゴリズムを採用しており、後にボナンザメソッドと呼ばれるようになる。現在ではほとんどの将棋ソフトにこれが導入されいるほど。

 

2007年には渡辺明竜王と公開対局を行った。中盤まで竜王相手に優勢にすすめる。終盤で逆転され負けてしまったが、対局後に明らかに負ける筋があったと竜王が語ったほどの棋力の持ち主。

 

 

 

 

ポイント必勝法は存在するのか?

 

余談ですが、将棋の必勝法は今のところ見つかっていません。必勝法とは先手または後手がどう指しても正確に対応すれば必ず勝つという意味です。
オセロでは既にコンピュータにより必勝法が見つかっています。ただ、あまりに膨大な量を暗記しなければならないため、人間が必勝法をマスターするのは難しいようです。

 

また羽生名人が「将棋に打ち歩詰めが反則であるというルールがなかったとすれば、先手必勝だろう」と発言をしたということが話題になりました。
なかなか私のような凡人には理解できませんが、羽生先生には何かが見えているのでしょうね。

 

でも、チェスでも当時世界ナンバーワンと言われた人がコンピュータに負けてしまったように、将棋も近い将来勝てなくなってしまうでしょう。
よくこれについて「人間はソフトに勝てなくなった。」という人が多いと思いますが、私はそうは思いません。なぜならそのソフトを作ったのも人間だからです。アルゴリズムもコンピュータも人間が考えて動かしているので人間より賢いと単純に言うのには少し違和感があります。

 

将棋のソフトの研究は囲碁よりもかなり進んでいるのが現状です。囲碁のほうがソフトを作るのが難しいという説もあれば、将棋のソフトを作る方が需要があるからそちらの研究に力が注がれたため強くなったという説もあります。いずれは囲碁も人間が勝てなくなるのかもしれません。

スポンサードリンク