将棋の禁じ手や反則|初心者の将棋教室

将棋の禁じ手や反則を知っておこう

将棋には禁じ手や反則があります。
知っておきたい大切な禁じ手を説明します。

 

ルールを覚えていざ将棋を指そうとなるまえに確認しておきましょう。

 

 

 

 

ポイント二歩


 

 

二歩

 

このように同じ縦の列に自分の歩を2枚打ってしまうことを二歩と言います。
これは禁じ手とされており、やってしまったら即負けになってしまいます。

 

プロ棋士の中でも一番多い反則が二歩です。
プロ棋士もやってしまうくらいなのでよっぽど注意しましょう。

 

 

ちなみに下の図のように歩ではなくと金になっていればこのように歩を打つことができます。

 

二歩ではない

 

 

 

 

ポイント自ら王手をかけてしまう


 

 

将棋 自ら王手1

 

相手の角がこちらの王を睨んでいます。さきほど説明したように、相手の角の動ける範囲に
こちらの王が入っている状態です。でも間にこちらの角がいるので王を取られる心配はありません。

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

将棋 自ら王手2

 

うっかり自分の角を動かしてしまいました。
すると相手の角は直接をとれる状態になってしまいました。
このように自ら王手をかけてしまうのは反則になります。

 

 

 

 

ポイント進めない駒を打つ


 

 

禁じ手

 

3つの駒がありますが、どれも次に進むことのできない駒です。
このような場所に持ち駒を打ったり進めたりしてはいけません。
このような場所に進めるのであれば、駒を成れば動ける範囲が変わるので問題ありません。
また、自分の駒で身動きがとれないだけの場合も問題ありません。

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

駒の動かし方
初心者の将棋教室です。将棋を始めるならまずは駒の動かし方から覚えましょう。なかなか覚えられないので実際に指しながら覚えていくと良いでしょう。
駒が成るとはなんだろう
初心者の将棋教室です。将棋の駒は成ることができます。動かし方を覚えたら次は駒の特徴を覚えていきましょう。初心者のために画像を使ってわかりやすく説明しています。
詰みとは
初心者の将棋教室です。将棋の詰みとはどういうものなのでしょうか?最初は詰みというのがよくわからずに玉を取るまで指してしまうかもしれません。
覚えたらいざ対局!
初心者の将棋教室です。将棋のルールを一通り覚えたらいよいよ対局です。先手や後手はどうやって決めるの?振り駒の仕方などをまとめました。