駒の動かし方|初心者の将棋教室

将棋の駒の動かし方を覚えよう

はじめに駒の動かし方を説明します。
色の付いているマスに動くことができます。

 

 

 

玉の動き

 

【王将・玉将】
「おう・ぎょく」と呼びます。

 

玉を取られたり、詰んだりしたら負けになります。
全方向に1マスだけ動くことができます。

 

 


 

 

飛車の動き

 

【飛車】
「ひしゃ」と呼びます。

 

縦と横に好きなだけ進めます。
駒を飛び越えることはできません。
攻めに大活躍してくれます。

 

 


 

 

角の動き

 

【角行】
「かく」と呼びます。

 

ななめ方向に好きなだけ進めます。
駒を飛び越えることはできません。
攻めに大活躍してくれます。

 

 


 

 

金の動き

 

【金将】
「きん」と呼びます。

 

王よりすこし動ける範囲が少ないです。
王を守ることが多いですが時には攻めにも使います。

 

 


 

 

銀の動き

 

【銀将】
「ぎん」と呼びます。

 

金よりも動けるマスの数が1つ少ないです。
飛車と一緒に攻めに使うことが多いです。

 

 


 

 

桂馬の動き

 

 

【桂馬】
「けいま・けい」と呼びます。

 

少し独特で前に2マス、右か左に1マスのところへ行けます。
間に自分や相手の駒があっても飛び越えることができます。

 

 


 

 

香車の動き

 

【香車】
「きょうしゃ・きょう」と呼びます。

 

前にだけ好きなだけ進むことができます。
駒を飛び越えることはできません。

 

 


 

 

歩の動き

 

 

【歩兵】
「ふ」と呼びます。

 

前に1マスだけ進むことができます。
一番弱い駒ですが、歩の使い方次第で勝ち負けを左右します。

 

 

 

ポイントブックマークに登録しておこう

 

いきなりすべてを覚えておくのは難しいかもしれません。
なるべく早く覚えるにはとにかく将棋を指すことが大切です。そして忘れたときなどにブックマークから確認しながら指すようにしましょう。
すると自然に覚えられるとおもいます。

 

スポンサードリンク

関連ページ

駒が成るとはなんだろう
初心者の将棋教室です。将棋の駒は成ることができます。動かし方を覚えたら次は駒の特徴を覚えていきましょう。初心者のために画像を使ってわかりやすく説明しています。
詰みとは
初心者の将棋教室です。将棋の詰みとはどういうものなのでしょうか?最初は詰みというのがよくわからずに玉を取るまで指してしまうかもしれません。
禁じ手・反則
初心者の将棋教室です。将棋には反則や禁じ手があります。二歩などが有名ですがそれ以外にもうっかりやってしまいそうなものをまとめました。
覚えたらいざ対局!
初心者の将棋教室です。将棋のルールを一通り覚えたらいよいよ対局です。先手や後手はどうやって決めるの?振り駒の仕方などをまとめました。