将棋の戦法と囲い|初心者の将棋教室

将棋初心者にも使いやすい戦法や囲い

将棋を勉強中

将棋をやってみたいけど駒の動かし方もわからない、囲いも戦法もわからない、という初心者の方から有段者まで上達していける将棋教室をつくりました。
戦法や囲いの駒組みの手順をわかりやすく説明するため、実際に動かせる将棋盤を使っています。

 

なにかをきっかけにこのサイトをご覧になられていると思いますが、ほとんどの方が強くなりたいと思っているのではないでしょうか?どんなに強い人でも最初はみんな初心者です。生まれた時から戦法を知っている人なんていませんよね。
みんないろんなプロセスを経て強くなっていきます。ただ、それには少しコツがあると思います。もちろん特になにも意識せずにひたすら指していてもある程度強くなっていくとは思います。でも将棋が好きで棋力を上げたい思われているなら、せっかくならなるべく効率良く上達したいですよね。

 

少しの意識の違いで上達速度は大きく変わります。そんな将棋の楽しさ、深さを少しでもお伝えできればと思います。

 

将棋を強くなるにはどんなコツがあるの?

実は数年前まで私は級位者でした。将棋を覚えたのは小学校の低学年くらいだったと思います。友達にルールを教わってやってみると楽しくてすっかりはまってしまいました。自分で囲い戦法をあれやこれやと作ってやっていました。とはいっても、学校で楽しむ程度で中学生からは特に指すこともなくなりあっという間に二十歳になりました。

 

そんなころにふとインターネット将棋を見つけてやりはじめたのが再開のきっかけでした。小学生のころは学校で敵なしと言われてたのですが、ネットで指してみるとレートがかなり低い人にも負けてしまい、全国には強い人がこんなにもいるものだと驚きました。

 

それから強くなりたいと思い、どうやったら効率よく強くなれるか悩みました。そんなときにとあるきっかけで知り合った人がアマチュアでも強豪の方でした。その方にどうやったら上達するのか聞いてみると答えはシンプルなもので、なんだか拍子抜けしてしまいました。しかしそれからわずか1年たらずで三段の棋力になっていました。

 

初段になるのが目標と思っていましたが、夢中になって将棋を指していたらいたら気が付いたらあっという間に通過していました。そして今では五段という自分でも信じられない棋力が身につきました。

 

目指すところは人それぞれだと思うのですが、せっかくやるなら筆者の体験談を知っていただいて効率よく強くなっていただきたいと思いこのサイトを立ち上げました。

 

 

一般的には子供のころのほうが棋力が上がりやすいと言われています。確かに若いときのほうが頭も柔軟ですし吸収力もあるので覚えが早いと思います。ですが中学生でルールを初めて覚えてアマ名人にまでなった小池重明がいるように、例外はいくらでもあります。私の知り合いには60歳の時に初段だったのに64歳で三段になっているひとがいます(笑)

 

ポイント将棋は生涯にわたって楽しめるすばらしいものだと思っています。ぜひ上達しながら楽しさを味わっていただきたいです。

スポンサードリンク